ボーカルトレーニング

今私がレッスンをさせていただいている方のうち

一部の方には

「ボーカルトレーニング」

をやらせていただいてます。


「ボイストレーニング」は発声そのものから行なっていくものですが

「ボーカルトレーニング」は表現性の追求を行なっていくもの

例えば


「『あなたが』の『あ』は、(力を)抜いた声で、『が』の部分は、ちょっと開き気味に、武道館で歌ってるつもりで、パーンと広げていきましょう。その方が表現のストーリー性がグンと広がるんで」

「なるほど…わかりました!」


というふうに

ある程度歌える人とのキャッチボールの中で


“一つの世界観を目指して、歌の表現性を高めていく”


のですが

これが結構面白いんです。



いわゆるレコーディングにおける

「ディレクション」

に近い作業なんですが

歌の仕事をされていない方でも

この域で楽しまれる方はたまにいらっしゃいますし

歌のプロを目指す方なら

ぜひとも経験していただきたいものでもあります。



「これ、(歌うのに)すっごい頭使いますね」

「そうなんですよ。でも楽しいでしょ?」

「すっごい楽しい(笑)」

「ね(笑)」


ただ自分の好きなように歌うだけでしたら

この感覚は味わえません。

でもその分それなりの疲労感もありますので(笑)

どの方にもおすすめする、というものではございません。

あくまでご本人が望まれた場合のみ

実践させていただいてます。



スポーツ選手が一挙手一投足に責任を持ち

戦術を持って戦うように

歌い手も一語一句の表現性を意識し

何を描くかを大切にする。


それが別に仕事でなくても

気分転換としてはかなりハイレベルなものになりますし

ゾクゾク、ワクワクしながら実践できる

そんな“ボーカルトレーニング”のお話でした。


やってみたいな、面白そうだな、という方は

どうぞお気軽にご連絡ください。


八王子・BSMボイトレ教室

八王子で高品質なボイストレーニング・ボーカルトレーニングをおこなっています。

0コメント

  • 1000 / 1000