MIDIコントローラーでRME FIREFACE UCXのTotalMix FXをコントロールする②

今回はミュートボタン編です。

例としてハードウェアアウトプット1-2のミュートボタンを

MIDIコントローラー・nanoKONTROL2でコントロールする方法をご紹介します。

ここのアウトプットフェーダー(ハードウェアアウトプット1-2)は

MIDIチャンネル9でコントロールできる仕様なのですが

残念ながらミュートのオン・オフに関しては

MIDIチャンネル1になっているため

各ボタン、ノブ、スライダーごとにチャンネル設定ができないnanoKONTROL2では

下の写真のようにボリュームフェーダーとミュートボタンを

同じ配列にすることができません。


これが唯一nanoKONTROL2の残念なところです。

3000円(購入当時)という値段を考えれば、それでもありがたい存在ですが…


※追記

TotalMix FXの右端部分にある「CONTROL ROOM」にAN1/2をアサインした場合は

MIDI ch 1
CC7→ボリューム
NOTE E0(ゼロ)→ミュート

で制御でき、nanoKONTROL2上の一列においてコントロールできます。

(ただしその場合はヘッドフォンのボリュームとミュートの設定が犠牲になります…)

また、nanoKONTROL2のボタンに

NOTE F#2(同じくMIDIチャンネルは1)

をアサインすれば、Monoのオンオフも可能になります。



さてミュートボタンですが

どうやら

MIDIチャンネル1
ノートナンバーE0

がミュートのオンオフに該当するようなので

まずMIDIチャンネルを設定し

続いて「M」ボタンに以下のような設定を行ないます。

「On Value」は0にした場合でも1が送信される仕様なので(ノート・オンとするため)

(nanoKONTROL2パラメータガイドより)

事実上0でも127でも構いません。


このままではミュート・オン時に

nanoKONTROL2の「M」ボタンを

点灯させることができない(押した瞬間だけしか点灯しない)ため

以下の設定を行ないます。

(※MomentaryではなくToggleで使用した場合、Mボタンと実際のミュート・オンオフが連動しないためこの設定を行ないます)


下図のように一番左上の四角をクリックし

「LED Mode」を「External」に変更します。

続いてTotalMix FXの「Option」>「Setting」で「MIDI」タブを選び

MIDI In、MIDI outとも「nanoKONTROL2」を選びます。


これらの設定を行なうことで

ミュート・オンで「M」ボタンが点灯、ミュート・オフで消灯が

可能になります。


本体に記録させるために

「転送」>「シーン・データを書き込み」

を行ないます。

これで「DAWからの再生音のミュートボタン」は設定完了です。


次回はヘッドフォンのボリュームコントロールです。

八王子・BSMボイトレ教室

八王子で高品質なボイストレーニング・ボーカルトレーニングをおこなっています。

0コメント

  • 1000 / 1000